HOME>コラム>看板といってもいろんな種類があるので利用シーンによって選ぼう

看板といってもいろんな種類があるので利用シーンによって選ぼう

看板広告

看板の種類は豊富

どんな看板を出すか悩んでいる場合、出す場所やシチュエーションに応じて選ぶことが、宣伝効果を高めるポイントです。壁面広告やアドバルーンのように大きな物を出すか、店の前に置く物を出すのかによっても費用対効果が大きく変わるでしょう。また、費用だけでなく、見た目のインパクトも大きく異なる為、自社で必要とするものを選んで出すことが広告効果を高めます。1つの看板に集中させるのではなく、のぼりや広告幕のようなサブで利用できるアイテムを活用する事も、重要です。自社で打ち出す宣伝文句やその季節おすすめのメニューといったポイントを伝えられる為、複合的に出すことが重要となります。建て看板だけでなく、敷地内に大きく設置する物、店の前に置く物や壁面を全部使って宣伝する物と、個人店舗でも複合的な宣伝をしているところがほとんどです。

看板

作製費用の相場を知ろう

種類によって大幅に価格が異なる為、どのような看板を出すのか、計画を練って発注することをおすすめいたします。単純なたて看板であっても、電飾の有無によって費用が大幅に変わるため、納得できる費用を確認して申し込むことが一番でしょう。なお、電飾の全くない物の場合には1万5千円前後から、電飾のある場合には3万円前後から請け負っているところがほとんどです。木で作られている看板の場合には、立て看板の半額と料金が大幅に安くなるため、店や会社のコンセプトと会う場合、一部利用する人も少なくありません。ディスプレイを応用し、必要な広告やその日のおすすめメニューを電光で知らせるタイプの場合には割高となり、8万弱となっています。

広告募集中